狙ってる

土曜日はイラストの日と言っていましたが、 テキトーな性格のせいで全然デタラメ、守ってません。 鳥と遊ぶネコ、後ろから狙ってるのがいます。 切り株を描いてみたくてトライしたイラストですが、 ぐちゃぐちゃしてしまったにゃ。 樹木が下手。 何かの気配に全身がピンと気はってます。 子ネコのまわりには危険がいっぱいなのです。 気温が8℃を下回るようになる…

続きを読む

猫相

ここで生きるのにどんだけ厳しい目にあったと思ってるんだ。 その苦労が分かってそのレンズ向けてんのか? そこまで言っても黙って撮ろうって言うのんか?え? ・・・カワイク撮ったか? ナニナニ?何その黒くて大きな目ン玉? こっち向けて何してるん? 恐いわぁ、そんなに見つめて・・・、 噛み付いちゃうよ! みんなお子ちゃまの時はあどけなかったのよね。 …

続きを読む

小キジトラ

人間で言えば10歳くらいの子ネコ。 何の警戒心もない、そういう顔で登場。 無防備そのもの。 私を覚えていたキジトラの子だと思いました。 お母さんを見て大きくなったんだもんね、きっと。 ゆっくりと色を変えていく海。 ここも瀬戸の海。

続きを読む

10月港のネコ

随分とご無沙汰だった港のネコんとこに行ってみました。 薄~いグレさん、前に来た時は小屋で寝てばかりでしたが、 この日は気持ちよくお出迎えして・・・ くれるわけはなく、なんだ?君はいう顔してます。 おいしいものでも食べたのか、 アゴになにかくっついてますね。 胸にカッコイイ白いのあるクロちゃんもお出迎え。 ア・ナ・タ、ゴハンくれるヒト? キミ次第です。 …

続きを読む

小さな目が見ていた

住処を変えていたクロちゃん親子に会いました。 はい、コロコロと元気です。 その前から変化に気づいていたのですが、 子どもは黒いの2匹だけになっていました。 白黒と縞のある黒はどなたかに拾ってもらったかな。 お母さん鋭い目をしていますが、 意思表示がはっきりしてて可愛いんです、これで。 木立の間からじっとこちらを見つめる小さな目に気がつきました。 イ…

続きを読む

日々奮闘

キジトラ母さんの子ら、順調に成長し活発です。 小さい体で4匹の子供を育てる頼もしき母ちゃん。 ひえ~ここで授乳? 場所などわきまえず、飛びつき貪り合います。 ちょっと待って、体勢が整えるから・・・ あ~下にも潜り込んでしまって・・・ もうどうでも良いわ、好きにして。

続きを読む

茶トラは本を読めない

文字を持てる人間だからできること。 決定的な動物との違いです。 とは言え、貪るように読むというほど時間はとれません。 合間合間にちょこっとづつ。 今月の初め上下2巻の本買って、 ようやく下巻の4分の1くらいまで進みました。 面白くて先に進みたいんですが、なかなか・・・。 そう言えば、あの「罪の声」が映画化されたんですね。 観たいなぁ。

続きを読む

ふたりと

圧倒的に密なふたりと 陽が傾いていく森の中に一緒にいました。 なんということもなく、ただ二人と一緒にいました。 私が歩くと二人も近くに身を置き、 聞こえるのは葉の落ちる音だけ。 ただこうしてなんということもなく、 静かな長い時間を過ごしました。

続きを読む

クロよ、おまえもか

イチロー君のあとに出てきたクロちゃんも、 このとおりマタタビの虜になりました。 同じように頭をこすり付けております。 マタタビのどの成分に反応し、どんな効果があるのでしょうか。 とにかく、脳が乱舞してしまうようです。 どこに行こうとしているのでしょう。 その線の先が見えているのでしょうか。 シックな色合い。赤が効いています。 お洒落な潜水艦のようで…

続きを読む

それはいったい・・・

鳴き声がしてイチロー君登場。 こっちよこっち、と誘います。 なんかクネクネとベンチに擦り付いてアピール。 頭の上を擦り付けて、クネクネ。 なんか新しいダンス? こんなネコの姿、見たことあります。 ああ、そうです、コレはネコの好きな、 そう、このベンチにはネコが大好きな マタタビまいたの、誰?

続きを読む

路地の域

細い路地のネコ、 サビちゃんたちはこっちに全く興味なしのご様子、 脇からふと出てきた三毛さん、 なになに?とずんずんと寄ってきましたが、 そこらが安全圏の限界? いつでもダッシュできる2mの間ですね。 街にネコがいる光景には、 そこで人と関わってるんだろうと思えるからか、 ある種の安堵感かあります。

続きを読む

寂しい朝

ネコも人生を全うする時がきて、 その短い時の中で関わった人たちの心に、 小さくても、何らかの引っかき傷を残していきます。 ノラさんは最後にそばで「ありがとう」と 言ってくれる人はいないけど・・・。 (あ、このおかっぱ母さんが逝っちゃった という話ではありませんから) 「あなたがいなくても朝は来る」 葬儀屋さんの広告コピーですが・・・、 先の自分の時間を考…

続きを読む

歩かなければ当たらない

路地の間、壁の隙間から見つめる目を発見。 これぞ路地歩きの醍醐味ですっちゃ! 地面ではゴロゴロしてる別のにゃんこがいました。 お友達なのでしょうか、 でもただ見てるだけで近寄ろうとはしません。 もしかして監視してるのかも。 ここ入っちゃいけんよって。 街を歩いて良いところ発見してもらおう、 という趣旨であろうと思われるイベント、「リアル宝探し 第2…

続きを読む

走りはしゃぐ

なんというか、何ネコといえば妥当なのか・・・。 サビロシアン? チャも入っとるね。 可愛いお顔のキジトラちゃん、 ふてぶてしいボストラになるかも。 飽きることなく走り回り遊び呆けるのでした。

続きを読む

灰色

くつろいでいるというか、眠くって仕方ないのかな。 グレーなネコ、人気あるようです。 昔、ある番組で大学生にを集めて、 色の持つイメージについて聞いていました。 その中でお年寄りに対するイメージ色を聞いたところ、 おじいちゃんおばあちゃんと一緒に暮らしてる人は、 白という答えが多く、 そうでない人は、グレーという解答が多かったです。 たぶん間接的に見たり聞いたりして持つ…

続きを読む

たわむれる

お母さんに構ってもらってます。 身を預け心地よさそう。 そして少し「人」にも警戒心が解けつつあるようです。 ネコの家族は再々居場所を変えます。 3日前、ここに黒ネコ一家の姿はありませんでした。 別の場所に走って行く母猫を見ました。 どうやら移動したようだと判断しました。 そして見つけましたが、どこかはナイショ。 夕暮れの河川敷で遊ぶ姉弟をパチリ。 …

続きを読む

黒くて小さいの

く~ろちゃん、く~ろちゃん、 ぜ~んぶ黒いのね。 お耳もお鼻もみんな黒いのね~。 そ~よ、そ~なの母さんもみんな黒いのよ~。 100%白いとこナシです。 黒は縁起がいいっていう人も多いですね。 日中と朝晩の気温差が大きくて、お昼間はまだ夏、半袖でOK。 しかし週の後半には日中の温度も下がるとか。 タンスの中の整理してます。

続きを読む

シッポがしゃんとね

ネコのこと知ってる人なら、 こんな風にシッポがしゃんと立ってる時の、 ネコの心情分かってますよね。 この子は今リラックスしてます。 お母さんがそばにいて、兄弟たちとじゃれ合って、 心地よい気分でいますとシッポが教えてくれます。 1輪しゃんと立ってる彼岸花、かっこいいと思います。 来年もここに一人立つのでしょうか。

続きを読む

白の主張

子ネコたちが出現し、注目はそっちに。 先輩のオスには威嚇されるし、 行き場なくウロウロするイチロー君です。 面白くないってか。 佐波川が住処のハク。 夏に大雨が2・3日続いた頃、 足の河原が見えないほど水嵩の増した川辺で、 中年の男性に声をかけられました。 ここにいた白鳥はどうなったか知りませんか? ・・・白鳥がどうなったか?・・・え? そりゃ安全な場所に…

続きを読む

下にいるもの

おかっぱ母さんが木の上にいました。 下を気にしてるようです。 こんな所まで来る気はなかったのよ。 ワタシは降りたいの。でもあの人が・・・ 母さんが気にしてるのは、下の岩の上に陣取ってるこの方。 2匹が接近してるの見たことがないですよ。 母さん、ちょっとテリトリー踏み込みすぎたかな。 佐波川の浅瀬、足元にこんなお魚を見ました。 最初はナマズかと思った…

続きを読む

一同

子ネコおります。 どうですか、このあどけなさ。 名前つけちゃおうかな。 サスケなんてどうかなぁ・・・ あ、オスかメスかも分からないんのでした。 真っ黒かと思いきや、薄いですがシマがあるような・・・。 はい、集合、後ろに並んで! 子らよ、オヤジの背を見て育つのだぞ。 ハチクロ、お願い、写真撮るときは目開けて。 佐波川、ハクちゃんのいる所…

続きを読む

マリアの・・・

ほら、涙を流してるように見えるでしょ、この子。 だから、マリアの涙って呼んでるんよ。 と説明され、なるほど、そりゃ洒落た名前つけてもらったね。 ですからマリアの涙って呼んでいましたが、 別の日に立ち寄ったら全然違う名前で呼ばれていました。 長いから呼びにくくなったのでしょうか。 ま、なんでもいいよね、名前なんてね。 番組が面白くないので夜テレビ見るの…

続きを読む

サビネコ子ネコ

ちょっと警戒気味だけど、いいハマり具合の場所のようです。 ここでサビ猫の大人を見かけたことはないので、 どこからかオスが遠征してきて、 ここのメスにちょっかい出したんじゃないか、なんて思うわけです。 私の勝手な想像ですが。 子供時代に、いい意味で印象深い思い出をたくさん持てることは、 どんなに素敵なことだったのか、ずっと後に気づかされます。 それは友達が大勢いた…

続きを読む

ここも

はい、ここも特等席です。 木に登ってるネコ見つけるとテンション上がります。 なんだ君は?と見下される感じも悪くないです。 「仕舞い忘れ」を忘れています。 もう彼岸花も終わりを迎えて来ました。 10月ですからね、今年は長持ちしてるなと思います。 今週はぐっと秋が深まるとか。 そろそろトレーナーとか引っ張り出しますか。

続きを読む

新参者

時々足を運ぶネコスポットに、見馴れない茶トラ発見。 ーそいつ新参者なんですよぉ。 ちょっと近づいたら、茂みの中に隠れちゃった。 早くみんなに馴染むんだよ。 これ今作ってるレターセット。 枚数減らしてお値段も少し買いやすい価格にしました。 便箋15枚、封筒5枚、シール付きだぞ。 封筒の絵柄は色々、開けてみてのお楽しみってことで。 先日きなこCAFEさんに…

続きを読む

ほにゃほにゃしてるミケ

ミケちゃんはメスで大きさもネコとして普通で、 抱っこできるネコです。(ワタシはします) 抱きかかえられた体勢のママじっとしてます。 何されるんだろう?と思っているのかどうかは分かりませんが、 ほっぺにスリスリされても平気。 いいなぁ、ミケちゃんのほにゃほにゃ感。 しかし、他のメスに対しては気が荒いとこがあります。 ネコの縄張り意識、けっこう強いようです。 …

続きを読む

ただノラに会いに出向く

先日、久々にツレが突如「ノラんとこに行くぞ」と言いました。 最近は私が引っ張り出すことも少なくなっていたので、 おや、珍しいと思いました。 ただじっとしてるのが嫌になったくらいでしょうが。 いつも見るキジトラ登場。 そ、このいつもの顔ぶれしかいないって言うのが面白くないのかも。 いつもの茶トラも登場。 なんてこともない、ただネコと戯れた夕方なのでした。 …

続きを読む